オフィスコーヒーで一息~手軽にゴクゴクHOT TIME~

自動販売機

コスト面でも有利

お得な料金プランを選ぶ

飲み物

企業がオフィスコーヒーサービスを利用する理由として多いのが、コーヒーを入れる人手のコストとコーヒーそのものに掛かるコストの削減です。そのためオフィスコーヒーは市販のドリップコーヒーや缶コーヒーに比べて、安めの単価となることが多いのが魅力の1つです。 しかしもっとコストを下げてお得に利用するテクニックもあります。それが利用状況に合わせたお得なプランを選ぶことです。ほとんどのオフィスコーヒーでは様々な規模のオフィスに対応した最適なプランを復数用意しています。 例えば利用量が多いなら、コーヒーを200杯、300杯といった単位でパック販売しているオフィスコーヒーがあり、利用量が1ヶ月で一定以上ならかなり安く上がるプランがあります。 このようなオフィスの利用状況に合わせた最適なプランを利用することで、オフィスコーヒーの単価をもっと下げることができます。

利用できる会社は様々

国内にはオフィスコーヒーを提供する会社は様々な業種の会社が関わっています。飲料メーカーが提供するサービスや、全国でも有名なコーヒーチェーン店が提供するケース、さらにオフィスコーヒー提供の専門会社もあります。 このためオフィスコーヒーの利用する際には、まずどういった会社があり、サービス内容はどうなっているの、自社の社員数や1ヶ月の想定される利用量、初期費用や毎月のコストなども考慮して導入します。 公式サイトのチェックや資料請求をまず最初にオフィスコーヒーの会社に行い、詳しく調べた上でサービスを申し込みます。契約後は最初にコーヒーマシーンの貸し出しをしてくれます。また必要ならウォーターサーバーの貸し出しも会社によっては可能です。導入後は説明に従って簡単に新鮮なコーヒー豆でドリップしたコーヒーを飲むことができ、料金の支払いは月額制がほとんどです。